JavaScript が無効化されています。当サイトはJavaScriptを有効にしてご利用ください。

お電話での資料請求はこちら(24時間受付)
0120-700-738

資料請求はこちら

メニュー

症例一覧

皮下及び粘膜下膿瘍(ひかおよびねんまくかのうよう)

  • 痔ろう
  • 肛門周囲の皮膚及び直腸・肛門粘膜に膿の出る孔がある周囲膿瘍

皮下及び粘膜下膿瘍の図

皮下膿瘍と粘膜下膿瘍が慢性化し、悪化したのが皮下及び粘膜下膿瘍です。
外見には皮下膿瘍と変わりませんが、同じように肛門周囲に硬いシコリを感じます。皮下膿瘍や粘膜下膿瘍では膿の出る孔が行き止まりなのに比べ、皮下及び粘膜下膿瘍では孔が直腸粘膜から肛門周囲の皮膚面へと肛門内外を貫いているため、孔から膿にまじって便が出ることがあります。絶えず排膿しているため、体力が目立って衰えます。孔がふさがり、一見治ったように見えても、実際は別の場所に膿瘍をつくり、腫れやうずきなどの症状を現わします。やがてそれがつぶれて膿が排出されると、急性症状は再び治まりますが、これを繰り返すうちに症状はいっそう悪化します。

治療経過

  1. 肛門やその周囲から臭いのある膿が出てシコリがある。
    また時には肛門周囲の管状腐肉片開口部よりの排出物に便が混じることもある。

  2. 不思議膏を貼付すると速やかに、シコリが軟化して肛門からの臭いのある膿が多量に出て血膿に変るが、治癒過程で心配はない。

  3. 病根が大小便と共に除去されシコリは小さく、肛門から出ていた強い臭いは解消する。
    肛門直腸粘膜の正常化が進んでいることを示す。

  4. 治療の継続で体内の病根が完全排出、体内の治癒力が活性化して、体力が甦りシコリが消失。
    膿が出ていた孔から健全な肉芽が生じて緩和されます。

痔の基本情報