JavaScript が無効化されています。当サイトはJavaScriptを有効にしてご利用ください。

お電話での資料請求はこちら(24時間受付)
0120-700-738

資料請求はこちら

メニュー

症例一覧

脱肛(だっこう)

  • 出痔
  • 肛門の外部にできた痔核脱出

脱肛の図

脱肛は、一般には「出痔」といわれ、肛門粘膜が肛門外へせり出したもので、肛門内部に何かものをはさんだ感じや、しめり気がぬぐいきれません。
多くの場合、それに伴って肛門内部にできた痔核(内痔核)も脱出します。軽症の間は排便後、自然に戻るか、指で押すと中に引っ込みます。
しかし、次第に習慣性になって戻りにくくなり、悪化すると歩いている時や、立ち上がろうとする時、咳やくしゃみなど、わずかに腹圧がかかっただけで脱出するようになります。
脱出部分は皮膚や下着とすれ合ったりして炎症を起こし、痛みや出血を伴います。いつも脱出していると、粘液がもれ続け、周囲の皮膚がただれてかゆみを起こします。

治療経過

  1. 脱出した直腸・肛門が腫れ熱をもち激痛や痒みを伴って戻らず時に歩行もできない。
    分泌物で皮膚面が爛れ、肛門が弛み便で下着を汚す。

  2. 不思議膏の貼付によって、肛門周辺に速効的に薬効が発揮され、
    脱出粘膜は自然に戻り、激しい痛み・痒みは貼付後すぐに解消する。

  3. 不思議膏の薬効により病根が大小便と共に排出、排便時の脱出は小さくなり分泌物の量は減るが、透明な分泌物で下着は湿っている。

  4. 治療の継続で体内の病根が完全排出、
    体内の治癒力が活性化し負担が加わっても絶対に脱出しない肛門となり、残余感も軽減されます。

痔の基本情報